きっと見つかる!あなたに合ったスクールを探そう

信頼のある学校、実績のあるスクールを紹介



なびNaviで掲載しているサイトは、
信頼できる学校様をご紹介出来るように 最低5年以上のペーパードライバー教習実績のある学校を主に紹介しています。
【※5年以上経過していても1度でもクレームがあったスクールは即時削除しています。】
※ここ最近出没してきたスクールの中には、嘘偽りだらけの悪質スクールも多くなっています。
中にはトラックの運転手が教えているスクール等があるため当サイトに多くのクレームの連絡があります。

【注意】大切なお金を投じるわけですからスクール選びは慎重に!


掲載希望のペーパードライバースクール、自動車学校様は、【無料】広告掲載・【有料】広告掲載それぞれの登録依頼ページよりお申込み下さい。
信憑性を審査をさせて頂き、【無料】広告掲載可能の場合は、該当の学校紹介ページに掲載させて頂きます。
※ 運転免許取得の教習を主にされている自動車学校様については、当サイトへのリンク(メインページの階層化のリンク限る)後にお申込み下さい。優先的に掲載させて頂きます。

※ またペーパードライバー向けの教習を主にされているスクール様については、当サイトへのリンクが必ず必要となります。リンク(メインページの階層化のリンク限る)後にお申込み下さい。(2015年6月1日より実施)

【有料】広告掲載の場合は、お振込み先等をご連絡させて頂きますので、お振込みの確認後の掲載となります。

また【無料】広告掲載・【有料】広告掲載、問わず一度掲載されても何らかの問題、クレームがあった場合。
・【無料】広告掲載の場合、連絡することなく削除しています。
・【有料】広告掲載を掲載されている場合は、削除理由をお伝えして削除させて頂きますので、ご理解の程よろしくお願いします。

教習実績については、卒業された方の感想(お客様の声)等を参考に、皆様に本当にご紹介できるスクール・学校かどうかを選別しています。
教習実績が無い、乏しいにもかかわらず、他のスクールの感想をコピペした虚偽のお客様の声を掲載しているサイトも増えてきたため、 【実際の教習内容と掲載している感想とが違いすぎる】等、 お客様からクレームが多く出ています。
その為、Yahoo!JAPANの自動車学校カテゴリーに登録されているスクールでも信憑性に欠ける場合は、掲載を見送っています。
当サイトにお越しのお客様保護の観点からそのような対応をしています。何卒ご了承下さい。

ペーパードライバー教習を受講希望の皆様には、
信頼のある学校を紹介出来るように厳選していますので、各スクールのお申込みページより安心してお申込み下さい。
※既に受講された方で、もし何らかの問題・クレームがある方は、各都道府県学校紹介ページ欄に教習を受けたスクールの内容が良くなかった場合のご連絡窓口を設けていますので、そちらからお知らせ下さい。

新着スクール情報

2017.08.29
※当サイトは、ペーパードライバーを脱出したい方にとって本当に良いスクールだけを紹介していきたいと思っていますので御理解の程よろしくお願いします
2017.07.18 受講された複数の方のクレームにより愛知県の「ペーパードライバースクール1件」を削除致しました。
2016.08.28 受講されたS様のお申し出により神奈川県の久里浜中央自動車学校様を△に致しました。
2016.01.04 九州・沖縄地方のペーパードライバースクールが1件追加されました。
2016.01.04 近畿地方(京都府)のペーパードライバースクールが1件追加されました。
2015.05.03 北海道地方のペーパードライバースクールが1件追加されました。
2015.04.28 東海地方(愛知県)のペーパードライバースクールが1件追加されました。
2015.04.16 関東地方(東京都)のペーパードライバースクールのリンク先をお申し出により変更しました。
2015.01.21 近畿地方(大阪府)のペーパードライバースクールが1件追加されました。
2013.03.18 広告掲載をして頂けるようになりました。
2012.09.06 九州地方・沖縄地方(沖縄県)自動車学校が1件追加、1件削除されました。
2011.10.26 東北地方(福島県)自動車学校が2件が削除されました。
2010.06.30 関東地方(東京都)自動車学校が2件追加されました。
2009.01.26 サイトが開設されました。

クルマ・自転車の運転あるある

【意外と知らない自転車ルール】 自転車は免許が必要ないので、小さな子供でも誰でも乗ることができるため安易に考えている人が多いのですが、実は軽車両に当たります。 事故の当事者となった場合は相手がクルマであろうと、歩行者であろうと一般の交通事故と同じ扱いとなります。
~やってはいけないNGルール~
1.  自転車は道路交通法上、車両で、車道の左側を走らなければならない。
歩道の利用が許されるのは、自転車通行可の標識がある歩道や、運転者が13歳未満か70歳以上など限られた場合のみ。 自転車道があれば自転車道を、“自転車通行可”の標識があるところでは、歩道の車道側を走るようにしましょう。
2.  飲酒運転
自転車も車両の1種ですので、“酒酔い運転”は絶対にNGです。罰則も重く、“5年以下の懲役または100万円以下の罰金”になります。 車と同じように、酒気を帯びている人に自転車を提供したり、飲酒運転を行うおそれのある人に酒類を提供したりしてはいけません。
3.  傘をさしながら携帯しながらの運転
やっている人を見かけることは多いですが、これは道路交通違反。 地方自治体の条例や、公安委員会が定める道路交通規則等で禁止されており、取り締まり(罰金、等)の対象になっています。 また、傘を器具等で固定してさすことは、道路交通法規則等で定める、積載装置の制限違反にあたり取り締まりの対象となります。

ペーパードライバーってどんな人の事を言うのか?

ペーパードライバー(和製英語: paper driver)とは、 自動車運転免許証を取得し、現に有効な免許を保有しているものの、普段運転することがない者や、運転する機会がない者をいう。略してペードラとも言う[要出典]。 これと似た概念としてサンデードライバー(Sunday driver)がある。 これは休日だけ運転する人を指した言葉であるが、休日などたまの機会にしか運転しないために免許保有歴の割に運転技能が未熟なドライバーを指す意味で使う場合もある。 ペーパードライバーは運転する機会がないため運転技能や危険予測能力が低下している人も多いので、 久しぶりに運転する場合は、地元のペーパードライバースクールや自動車教習所で実施している「ペーパードライバー教習」を受講して運転の勘を取り戻しておくことが望ましい。
【Wikipedia】(ウィキペディア)より